高校化学 DVD学習教材 つながる化学

高校化学 つながる化学 DVDのご注文はこちら

高校化学 大学受験 化学 つながる化学 宮城健 高校化学

つながる化学を利用した学習プラン例4


例4

センター化学で得点率85%以上を目指すだけでなく、2次試験でも化学で十分な得点を必要とするため、高校化学の全範囲の知識をしっかりとつながったものにしたい人。

①高校化学基礎編DVD(全5巻)

②『新課程 化学基礎 予備校授業ライブ完全版』全19巻
『新課程 化学 予備校授業ライブ完全版』全48巻

③各自の問題集による実践演習・・・それに加えて
センター対策 正誤問題100
センター対策 よく出る実験器具
二次試験対策 難関への足がかりその1』
『二次試験対策 難関への足がかりその2』
などの「つながる化学」実戦問題解説教材の利用。

※ 上記プランはあくまでもこちらからの提案です。それぞれの教材が本当に必要かどうかは、このHPの教材内容やその他の情報をよく読んで判断し、保護者の方と相談の上、必要な教材のみを購入してください。

初期(1週間~2週間) 中期(約3ヵ月 センター本番までの残り期間

まず初めに、宮城のつながる化学、『高校化学基礎編』を終了する。一日の学習内容を、DVD1枚を見て、内容復習、チェックテスト、の流れで行った場合、一日2時間程度の学習で、最低5日間になると思います。 DVDを見て、その日に行うチェックテストでは、本当の意味で頭に残ったとは言い難いです。時間を置いて、(3日~5日)再度行ってみてください。即答できるようになり、もう大丈夫、と思えるまで日々繰り返すことが大切です。そういった反復は定期的に行うものとして、その間次のステップへと学習は進めておきましょう。
※おまけのDVDもとっても大切です。ぜひ目を通しておいてください。これが今後の学習に効いてきます!

原子の構造と周期表の繋がりや化学式(分子式、組成式、イオン式、電子式、構造式)がある程度わかっているなら、このDVDは視聴せずに新課程 【化学基礎 予備校授業ライブ完全版】 全19巻へ進んでもらって結構です。

次に宮城のつながる化学、『新課程化学基礎予備校授業ライブ完全版全19巻』『新課程化学予備校授業ライブ完全版全48巻』のDVDセットでしっかりと全範囲を視聴し、学習する。このとき必ずノートを作成すること。 付属のチェックテストをうまく活用して最終的にはノートに書き込んだことだけでなく、最初から書き込まれていたことも覚えてしまいましょう。 

定期的にチェックしてみて、忘れているようなら復習・反復の間の期間を狭くして!
※また全国模試を受けたら必ず解説を読んで復習を!

最後に自分に合った問題集を1冊、しっかりと反復しましょう。まずは各単元の基本例題や標準問題だけを、範囲すべて1回はやり遂げることです。この間にノートを振り返ることも忘れずに。2回目以降は、1回目でミスをした問題と、残しておいた難関・発展問題にも取り組みましょう。そうやってミスしたところを大切に、何を覚えていなくて、何が欠けていたのかを自問自答しながらていねいに反復をする。そうやって問題を解くための知識を維持し、定着させてください。間違いノートを作って見るのもよい学習方法です。同じ内容のミスを2度は起こさない。それを徹底できるかどうかが高得点へのカギです。問題集は学校から配付されたもので十分ですが、購入を考えている人は持っていない生徒は、HPで紹介しているお奨め問題集から一冊選んでくださいね。
また、私の教材を利用するなら『センター対策 正誤問題100』や『よく出る実験器具』、『センター化学Ⅰ・類題別演習』、『難関大への足がかりその1』、『難関大への足がかりその2』などの問題演習と解説の教材も利用して実戦的な感覚を磨くのもお奨めです。
※「センター化学Ⅰ・類題別演習」は旧課程の教材ですが演習問題としては利用できます。

学習プラン例の一覧

学習プラン例1 新課程センター試験「化学」は得点率70%で十分 学習プラン例2 新課程センター化学で得点率80%以上が目標
学習プラン3例 苦手な化学の単元を短期間に修正したい生徒 学習プラン例4 センター得点率85%以上。二次も高得点を目指す
学習プラン例5 新課程センター化学基礎は得点率70%で十分 学習プラン例6 新課程センター化学基礎で得点率80%以上が目標
ページのトップへ